コロナ禍で無観客公演

2020年のオール木下牧子作品による『新しい日本歌曲の演奏会』《シリーズ第2回いちばんすきなひとに》はコロナ禍で5月→7月→11月と2度の延期となり、最終的にはお客様をお迎えできずに無観客での収録となりました。ピアノの調律から始まり、全てが演奏会と同じ形式で行ったため、非常に緊張感のある演奏となりました。また3カメラでの撮影、音声は別撮りだったため、演奏会場そのままの臨場感のある映像がお届けできたと思います。早くコロナの前に戻って皆様の前で演奏したいものです。